”メシマズ女子”ハルオの  お料理上達ブログ

〜保育園児の弟に「何これまっず!」と言われ料理を作ることがトラウマになった私が、たった1ヶ月で「また作って!」と言われるレシピを作れるようになり栄養士にまでなっちゃった ”簡単” ”おいしい” ”オシャレ”なお料理上達ブログ〜

メシマズ女子こそ手抜き料理を作るべし!

 

 

「手抜き料理」の話をします。

 

料理を作ることが
プレッシャーに感じて

「もう料理嫌い!」って
思ってるあなたに

ぜひこの記事を読んで
いただきたいと思います。

 

f:id:hro03:20170221215346j:plain

 

 

これまで私は、
友人や家族親戚、
仕事関係で知り合った方、

いろんな人に

「どうやったら美味しく
 料理が作れるようになるんですかね?」

「時間をかけずに美味しい料理を
 作るコツって何ですか?」

って聞かれるんですが、

 

 

決まって私はこう答えます。

 

 

「手抜きすることですね!」

 

 

もちろんみなさん
「え。」ってなんとも言えない
顔をされます。

「この人何言ってんだ?」みたいな。

 

「栄養士のあなたが、、、、
 食の仕事に就いてるあなたが
 そんなこと言う?」

って顔。(たぶん)

 

 

料理の経験が浅い人や
料理作りが苦手な方は

「手抜き」っていうと
なんか悪いことしているみたいに
考えがちですが、、、

 

はっきり言いますが、

手抜きしないと
料理なんて
やってられません!

 

 

f:id:hro03:20170317225143j:plain

 

 

 

というのも、
私が栄養士として
調理場で働いていた時、

 

時間内に調理するために
キャベツの千切りはスライサーで。

魚だって切り身のものを使用。
わざわざ一からさばきません。

 

 

 

 

「手抜き」ってなんだか
気持ちがこもってないとか
美味しくないとか

 

そんなふうに感じるかもしれない……

 

でもでもでもでも!!!!!!!

 

それは違うーー!!

 

 

料理上達したいなら、、

料理をもっと楽しみたいのなら、

手抜きは必須事項なんです。

 

 

f:id:hro03:20170319194655j:plain

 

 

 

 料理を苦痛にしてはいけない

 

 

「千切りもできて魚もさばける」
「定番料理を正しい作り方で
 チャチャッと作れる」

ここを目指す人って
メシマズ女子に限って
多いんです。

 

でも実際、

一人暮らしで仕事やバイトがあって
帰ってくるのはいつも遅い時間…

せっかくのお休みは
ゆっくりしたいし、遊びたいしで
わざわざ「料理作ろう」ってらないし。。

 

「じゃあいつ作るんだよ」って
なるのだけど、、、

 

 

どーしても

料理=レシピ通り作らなきゃいけない
料理=書いてあることは守んなきゃいけない
料理=ちゃんとしなきゃつくれない

料理=あーー作るのメンドクサイ。

って考えちゃって
作る気になれない。

 

 

f:id:hro03:20170221173718j:plain

 


料理が苦痛になって
作らなくなれば
当然のこと料理スキルは
上達しない。

彼氏や彼氏候補に
「お前マジ??」とドン引きされるのは
何としてでも避けたい…。

 

 

だからこそ、
料理の精神的負担を減らすために


「手抜きする」
ということが大事。

 

 

別に、
短い時間でも長い時間でも
美味しいものが作れるのなら
それで良くない?

と思うのです。

 

 

 

 

 喜びが次につながる

 

「こんなに短時間で
 こんなに美味しいものが作れた!」

「ふふっ♬やったー!」

 

という喜びは

 

「次は何作ろう?」
「次はもっと美味しいものを作ろう!」

 

っていう意欲に変わります。

 

 

料理上達したいのなら
まずはそれが大事。

 

 

器用か不器用か、
才能があるかないか、
味覚が鋭いかどうかなんて
関係ないんです。

 

 

料理を楽しめる人こそが
メシウマ女子の階段を
猛スピードで

駆け上がっていけるんです。

 

 

f:id:hro03:20170221221003j:plain