”メシマズ女子”ハルオの  お料理上達ブログ

〜保育園児の弟に「何これまっず!」と言われ料理を作ることがトラウマになった私が、たった1ヶ月で「また作って!」と言われるレシピを作れるようになり栄養士にまでなっちゃった ”簡単” ”おいしい” ”オシャレ”なお料理上達ブログ〜

なんかマズくない?料理下手から脱出するために必要なポイントはコレ

 

一生懸命料理を作ってもなかなかうまくいかない・・・
二時間もかけて作ったのに・・・
食材も時間も無駄にしちゃった・・・

もーやだー泣!!
才能ないー!!!

f:id:hro03:20170317225143j:plain

 

こんな経験ありませんか?

 

 

「これならできるかも!」
と思って挑戦したレシピが予想以上に
時間がかかったり・・・
元のレシピと
かけ離れた料理が出来上がったり・・・

 

実は何度レシピ通りに作ろうと
今から紹介するポイントを押さえていないと

いつまでたっても
料理上手にはなれません😱


大好きな人の眉間にしわを
寄らせたくないですよね。
(寄った時の申し訳なさといったら・・ね・・)
経験済。







「レシピ通りに作っているのに
なぜかうまく作れない・・・」

そう思っているあなたは
このポイントが守れていますか?

 

素材を切る大きさを変える

f:id:hro03:20170317225217j:plain

手料理をなかなか褒めてもらえない人
食材の大きさがバラバラなことがよくあり
しっかり火を通したはずなのに
じゃがいもがサクサクしていたり
ニンジンが超ニンジンの味だったり・・


でも、もう一口同じものを食べてみると
「あ、こっちはちゃんと食べられる。」
っていうことが起こったり。

 

こうなる原因には「食材の大きさ」が
関係しています。

あなたは「食材の大きさ」を意識して
切ったことはありますか?

食材を切るときに、
サイズと形を揃える理由は2つあります。

 


①見た目を良くするため!

f:id:hro03:20170317225236j:plain


芸術とかデザインに関しては
大きさや形が不規則で非対称的なものが
素敵💖だったりしますが
料理に関しては、揃っている方がより美しいです!

チンジャオロースーも
すべて細切りになっているから
見た目も美しいし、

(極端な例え方するならば、
 千切りキャベツの中に
 ざく切りキャベツが入っている感じ!?)

見た目も味の一つです。
料理を楽しむ要素の一つです。

それが大きさや形で決まってきます。

だからサイズと形は
揃えたほうがいいという事なんです!

 

 

②火の通りを均一にするため!

f:id:hro03:20170317225437j:plain


大きさがバラバラだと
火の入り方にムラが出てきてしまいます。

形の小さいものは早く火が通りますが、
大きいものはそれだけ時間がかかります。

私の失敗談になるのですが、
肉じゃがを作った時、
じゃがいもに火が通ったのを確認して
お皿に盛り付けて食べました。

が、


「あれ、味見した時と食感が違うじゃんか」
「冷めちゃったから固くなったのかな?」
(いや。食すまでに2分も
  経っとらんはずなんだけどなあ)


っていうミステリーが起きたんですが、
母に「野菜の大きさがバラバラたい」
って言われて初めて
サイズや形の違いに気がつきました。


人に言われるまではわかんないものなんです。。


言われた時は
「えぇ??そうかなぁ?」
って思ってたんですが

よくよくちゃんと見てみると
じゃがいもだけでなくニンジンも

サイコロサイズから
monoの消しゴムサイズくらい
になる大きさのものまで
さまざま・・・


「またしくったなあ…」
と思いつつ、レンチン(レンジでチン)すると
いい感じ!

かと思いきや

今度は小さいサイズのじゃがいもさんが
ほろほろとろとろに・・笑


大きさが違うと
思いもよらぬところで
つまずいたりするもんなんですね。


火の入り方だけではなく
味の染み込み方も
ムラになったりするので


切るときはサイズを揃えることを
意識して切ってみてください!

本当にちょっとしたことですが
そこを意識するだけで、

周りの人から
「料理の腕が上がったね!」
「あなたが作る料理はいつも美味しい!」って
言ってもらえるようになるんです。

f:id:hro03:20170221165947j:plain

これを言われると
料理のモチベーションもぐんぐん
上がるものです。


ぜひ意識して料理してみてください😋

 

読んでくれてありがとうございました。
ハルオ