読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”メシマズ女子”ハルオの  お料理上達ブログ

〜保育園児の弟に「何これまっず!」と言われ料理を作ることがトラウマになった私が、たった1ヶ月で「また作って!」と言われるレシピを作れるようになり栄養士にまでなっちゃった ”簡単” ”おいしい” ”オシャレ”なお料理上達ブログ〜

料理上達したいなら「まずい」は良いことなんです。

こんにちは!

この写真は以前行った
ビュッフェでの一枚

f:id:hro03:20170224170628j:plain

 

ご飯ものからスイーツまで
メニューがとても豊富で
美味しそうに見えますよね。


「元を取りに行こう!」と
あえてお腹を空かせていった私は
お皿にめいいっぱい盛り付けました😋


自分の席に戻って
「さあ食べよーう!!😆」



パクっ。






ん〜〜〜〜?

 




ん?



 

なんか・・






ま、まz


美味しくはない。。。





こんな経験はないですか?




今日お話しすることは
あなたが今後の料理を作っていく中で

前提として
確実に知っておいたほうがいいものです。



なぜならそれを知れば
あなたは確実に誰からも喜ばれる料理を
作れるようになるからです。


あなたは安心して自分の料理を出すことができ
もちろん彼からの反応も期待通り


もう毎回毎回相手の
反応をうかがって

料理を作ることに
怯えなくて良くなります。



そうすれば
勝手に料理が好きになり
あなたはどんどん料理上手になっていくことは
避けられなくなります。



じゃ それってどんなことなの??



今日は少し
びっくりすることを言います。




何を言うかというと


まずいを素直に
思うようにしてください!!

 

え?
まずい?



そう思うかもしれません。

でも、

それが一番大事なんです。




彼に言ってもらいたい「おいしい!」


f:id:hro03:20170221165947j:plain


そもそも「おいしい」は
どこから来てるんでしょうか


何があって「おいしい」と思うんでしょうか


「おいしい」の基準は?

 

 

そう、
「まずい」「普通」「おいしい」
の基準があって成り立つものです。



なので
あなたは「まずい」を
知らないと

おのずと「おいしい」も
知れないことになります

 

だから「まずい」を
知らないといけないんです。



 

じゃあどうやるのか・・・


簡単です!

 

食べてる時に

「これっておいしい?まずい?」
と考える癖付けをしてみてください

 

f:id:hro03:20170221165707j:plain

 

「そうでもない」「普通」という
判断基準はしないでください

 

 

どちらかに振り分けることで
あなたの味覚が磨かれていき

あなたが作る料理がどんどん
おいしいものに変化していきます


このセンスを磨けば磨くほど
どんどんおいしい料理が簡単に確実に
作れるようになり

あなたはもう何も心配することなく
好き勝手に料理を作ることすら
できるようになります。





だから安心してやってみてください

それでは今から一番近い食事で
ぜひそれが「おいしい」か「まずい」か
一口で判断してみてください

 

 

それではまた!!


———【無料メルマガ購読】———

 

 

メシマズ女子ハルオの無料メルマガ購読は

下記のURLからお願いします。

 

 

>>工事中<<

 

 

 

*ハルオのtwitter

twitter.com

 

*ハルオのinstagram

www.instagram.com